FEATURES

特集記事・コラム

2016.10.03 エグゼクティブ / マネジメント

VOL.45 「一人ひとりが自らのCEOである」。

知識労働者の世界を最も早く説いたドラッカーは、「知識労働者の時代には、一人ひとりがCEOたるべきである」「自らが自らのCEOとならなければならない」と力説した。

「CEOにはCEOの仕事がある。それはCEOにのみできるCEOがしなければならない仕事である。しかも今日では、あらゆる知識労働者がCEOのように考え、行動しなければならない」

組織のミッション、ビジョン、個性、行動、成果を定めるものがCEOである。
ドラッカーはCEOの条件として、次の3つを挙げている。

第一に、ビジョンを持つこと。
第二に、組織に個性を与えること。
第三に、人を動かすこと。

ビジョンを持つには、全体を見渡せる力が必要だ。全体を観るとは、「なされるべきことは何か」を考えることである。
広く市場、社会を見渡すことで、「われわれの事業は何か」「何であるべきか」「何であってはならないか」というドラッカーの基本の問いに答えることができる。これが自らのミッション、ビジョンを定める。

CEOの個性はおのずとその組織に反映される。ある意味、その企業らしさとは、それを率いるCEOの「らしさ」の反映なのである。

「一人ひとりが自らのCEO」である知識労働者は、自らの組織がどこにいて、どこに向かっているかを知ることで、ビジョンを持つことができる。
そして、自らの価値観と情熱の対象を知ることで、自らの個性を活かし働くことができる。つまりは、価値観の異なる組織で働くことは、そもそも大きな間違いなのだとドラッカーは言う。ここは我々、経営層・リーダー層の人材コンサルティング事業を営むものとしても、大いに共感する部分だ。

「CEOたる者は、組織の目的、価値観、原則を体現する存在でなければならない」

このことと、「一人ひとりが自らのCEO」であれということを合体させれば、我々知識労働者とは、そもそも社長(という役割肩書き)であろうとなかろうと、自らのビジョンを持ち、個性を発現し、周囲の人たちに積極的に関わりながら働くことが必要であり、またそのように働くことが、自身の価値・存在意義を発揮し、組織や社会に貢献することにつながるのだということが、改めて腑に落ちて理解できる。

これが、やりがい、の本質なのだと思う。

 

CATEGORIES

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)