RECRUIT

経営者JPの採用情報

コンサルタント座談会 コンサルタントが語る、経営者JPの魅力と将来展望

撮影場所:当社オフィス インタビュアー:当社マネジャー 中村洋子 ライター:伊藤理子さん カメラマン:榊水麗さん

どのようなきっかけで、経営者JPに転職を決めたのですか?

西見

私は新卒で入社したのがエンタテインメント会社、2社目がマーケティングコンサル会社で、人材業界とは全く無縁でした。ただ、この2社でさまざまな案件やポジションを経験し、「リーダー・マネジメント次第で組織は変わる」ことに課題感を持つようになり、経営者JPの存在を知った時に「ここならば、自分の手で課題解決できるのではないか」と思えたのです。また、大学時代にプロスポーツ選手の代理人として、「人生の岐路に関わり、支援をしたい」という夢を持っていたので、当時の「想いも叶えられるのではないかと感じました。

私は前職が人材・組織開発コンサルタントだったので、この中では比較的近しい業界からの転身ですね。西見と同様、「どういう人がトップに就くかでその組織の行く末が変わる」場面を何度となく目にし、課題感を持っていたため、トップ層の採用支援に興味を抱くようになりました。そんなときに経営者JPに出会い、エグゼクティブサーチだけでなくコンサルティング事業、セミナー事業、会員事業という4事業を展開している点に興味を惹かれましたね。あらゆる方面から総合的に次世代リーダーをプロデュースしようと尽力している点に可能性を感じました。

入社後「見える世界」に変化はありましたか?

我々がご紹介した方が入社したのを機に、社運を賭けた新規事業がいきなりドライブしたり、倒産危機にあった会社にCFOをご紹介したことで、業績が急回復したり…このような例を、入社以来何度も目にしてきました。経営者やリーダーの資質が、組織や事業に与える影響は大きいのだと改めて感じると同時に、エグゼクティブサーチという仕事の責任の重さも感じるようになりましたね。スキルだけではなく、仕事に掛ける想いやその方の価値観や仕事間など、あらゆる方面からヒアリングしてスクリーニングを行い、マッチング精度を最大限まで引き上げること、そして入社後も伴走し続け、必要であれば新しい職場環境づくりも手伝うことが我々の使命なのだと思うようになりました。

西見

私も「リーダーの入社で、会社が変わった」例をいくつも目の当たりにしました。あるベンチャー企業の社長には、「自分の右腕の採用が一番の経営課題であり、それがようやくクリアできた」と感謝の言葉をいただき、「人が会社を、事業を作るのだ」と再確認しました。また、様々なキャンディデイト(採用候補者)にお会いして改めて感じたのは、人はポジションや収入だけで次のステージを選ぶとは限らない、ということ。その方が将来、今の決断を振り返った時に、胸を張って「この道を歩んできてよかった」と思えるような場所を全力で考え、探す。この姿勢がコンサルタントには何より大切なのだと、肝に銘じています。

経営者JPが目指す方向性と、その中でどのように活躍していきたいですか?

西見

当社では、エグゼクティブサーチ事業、コンサルティングサービス事業、セミナー事業、会員事業と、全部で4つの事業を展開し経営者・経営幹部の皆様を多方面から支援しています。現在はエグゼクティブサーチ事業が主事業ですが、2020年に向けて、他の3事業も同様に拡大・成長させ、総合力をさらに高めるという中期計画を打ち出しています。その総合力をさらに高め、強固にしていくのが経営者JPの一つの目標。その中で私は、会社が目指す方向性を「見える化」することで社員を一つの方向に導き、組織力の向上に貢献したいと思っています。また、前職でマーケティングに関わっていた経験を活かして、当社のことをまだ知らない経営者・経営幹部の皆様に対して「経営のことで悩んだら経営者JP」、次世代のリーダーの皆様に対して「経営について勉強したい、ステップアップしたいと思ったら経営者JP」と啓蒙していきたいとも考えています。

西見さんが説明した「2020年に当社がありたい姿」は、社員一人ひとりに共有され、十分に理解が進んでいますが、現状の姿はまだまだ目標とはほど遠いと思っています。すべてが注力事業ではありますが、まずは経営体制の強化支援を担う「エグゼクティブサーチ事業とコンサルティング事業」の強化が先決。自分自身がコンサルタントとしてレベルアップすることで、この2つの事業の体制強化・事業拡大を自らけん引していきたいですね。

今後の経営者・リーダー市場はどのように変化すると予想していますか?

西見

中小の優良企業の事業承継ニーズは、今後もクローズアップされるでしょう。次世代に経営を引き継ぎたいが、後継者がいないという悩みは根深いうえ、産業構造が大きく変化する中で、「そもそも今の事業を存続すべきなのか?」と悩んでいる経営者も少なくありません。個人的には、このような悩みに積極的に向き合っていきたいと考えています。一方で、志の高いアントレプレナーも増えていますが、このような若き経営者に対して総合的な支援ができるのも当社ならでは。常に孤独であり、悩みを言う相手がいない経営者の、頼れる相談相手であり続けたいと思っています。

経営者の重要な仕事は、いつの時代も「適切な意思決定」です。この役割自体は、これからも変わらないと思っていますが、産業構造が大きく、かつめまぐるしく変化する中で、適切な意思決定を下すことが難しくなると予想しています。我々が持つ総合力をいかんなく発揮して、意思決定の精度を上げるためサポートを続けたいと考えています。

経営者JPにおけるコンサルタントのキャリアステップ例を教えて下さい。

当社は2010年設立のまだ新しい会社なので、「キャリアは自分で作る」が基本。社員の「やりたい」を真剣に受け止め、認めてくれる風土があるので、向上心があり新しいことにどんどんチャレンジしたい人にはとても適した環境だと思います。また、当社は人材サービサーとしての顔と、いち事業会社としての顔、2つの顔を持っているのが特徴。コンサルタントのキャリアを極めるという道もあれば、経営者JPというこれからの会社をどう成長させていくか、当事者意識を持って経営に深くコミットすることも可能です。ここが他のコンサルティング会社とは大きく異なる点であり、当社ならではの魅力だと感じています。

西見

おっしゃる通り。コンサルタントとしてだけではなく、経営者JPのボードメンバーをも目指せるのは他社にはない魅力だと思いますね。加えて、当社のコンサルタントは、常に経営者のことを考えに考え抜くのが仕事。経営とは?リーダーシップとは?事業の在り方とは?キャリアとは?など、経営にまつわるありとあらゆることが身に付きます。いわゆる人材紹介会社とは一線を画す唯一無二の存在であり、当社で経験を積めば経営コンサルタントや起業家という道も開けると思います。

コンサルタントの募集職種はこちら

企画スタッフ座談会

企画スタッフが語る、
経営者JPの働きやすさ、仕事のやりがい

企画スタッフ座談会へ

お問い合わせ

各種サービスについてのご相談・取材等のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)