FEATURES

特集記事・コラム

2017.12.04 エグゼクティブ / マネジメント

VOL.101 マネジメントは、いつ、必要となるのか。

マネジメントは不要だ。そう考える経営者は、おそらく(少なくとも21世紀の現在においては)存在しないだろう。

しかし、その「必要度合い」については、いまも様々な考え方があると思う。トップダウン派、ボトムアップ派、ミドルアップダウン派。企業ステージや規模、オーナーシップ形態により、主張も様々だ。

ドラッカーは「マネジメントの人間をいかにマネジメントするかによって、組織の目的が達成されるか否かが決まり、組織の中の人間や仕事が適切にマネジメントされるか否かが決まる」、だからマネジメントは必然であると言う。
それはやはり、企業が一人orごく少数の人間の手で運営される段階を超えたとき、業務や組織が複雑化するところで必要となることを指している。

「オーナー経営者がワンマンで経営する企業から、マネジメントを擁する企業への変身は、物質における液体から個体への変化に匹敵する変化である。(中略)企業もある一定の規模と複雑さに達すると、マネジメントを必要とする。トップマネジメント。チームという骨格が、オーナー兼企業家という皮膚と交代する。それは皮膚が進化したものではない。完全な交替である。組織が皮膚から骨格へと転換すべき段階はどこか。従業員の数で見るならば、300人から1000人の間のどこかであろう。あるいは、もっと重要なのは複雑さの度合いである。多様な仕事が、協力して、意志を疎通させつつ同時に遂行される必要が出てきたとき、組織はマネジメントを必要とする。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

ドラッカーがこれを『マネジメント–-課題、責任、実践』で著した時に比べれば、技術は乗数的(マルチプル)に、あるいは指数関数的(
エクスポネンシャル)に発展している(それはもちろん更に加速しつつ続いている)ため、当日に比べて組織規模は同じ事業成果を出すにあたって小さくなっているから、いまで言えば100人から500人、いやデジタル系のビジネスを中心に見れば10人から100人、かもしれない。
よって重要なのはドラッカーが言う通り事業・業務の「複雑さの度合い」だろう。

マネジメントを欠くときに、組織は管理不能となり、計画は実行に移されなくなる。最悪の場合、計画の各部分がてんでばらばらに勝手な速度、勝手な目的・目標のもので遂行されるようになる。事業の目的ではなく、上司に気に入られることのほうが重要になる。そんな風にドラッカーは弊害を説明する。

「ヘンリー・フォードはマネジメントをもとうとしなかった。その結果は、方向づけを誤り、疑心暗鬼を生み、組織を壊しただけだった。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)

マネジメントは、なんのために行うのか?

「マネジメントは行わざるをえない。しかし、それがよく行われるか悪く行われるかが、組織が生き残り繁栄するか、それとも衰退し、やがて消滅するかを決める。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)

マネジメントを「良く行う」とは、どういうことか?それについて、ここから見ていきたい。

CATEGORIES

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)