FEATURES

特集記事・コラム

2017.09.11 エグゼクティブ / マネジメント

VOL.89 創造性への誤解。

前回、ドラッカーは成果をあげるためには仕事に責任を持てなければならない、そのために

(1)仕事を生産的なものにしなければならない。
(2)情報をフィードバックしなければならない。
(3)学習を継続して行わなければならない。

の3つが必要だと述べていることに触れた。

今回はその1点目、「仕事を生産的なものにしなければならない」について見てみたい。

ドラッカーは、まず第一に、仕事を分析し、プロセス化し、管理手段を組み込み、ツールを設計することによって、仕事自体を生産的なものとする必要がある。このことなくして、仕事に責任を持たせようとしても無駄だ、という。それは単に、マネジメントの無能を示す結果に終わる、と。

「このことは、いわゆる創造性のスローガンに反する。人は束縛から解放されれば、専門家よりも優れた生産的な答えを出すとの考えは昔からある。18世紀にルソーが定式化する前からある。だがその正しさを証明するものはない。創造性といえども、基礎的なツールがあって力を発揮する。われわれの知るかぎり、正しい仕事の構成は直観で知りうるものではない。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

ただやみくもに自由にやらせることが、正しく効果的な創造性を発揮させる手だてではない、ということは、おそらく経営に当たる読者経営者の皆さんにとっても腑に落ちる、ある面、過去に痛い目を見た経験があったりすることではないだろうか。
正しい業務の組み立て、プロセス、アクティビティの土台を無視して、「自由」「我流」に社員を走らせることは、一瞬味わう「自由」の代償として、その後早晩陥る業績低迷という結果をもって、社員が上司や経営層に「泣きついてくる」という結果に至る。

かつて共産主義が、「資本家の搾取からの解放」を掲げ、共産党第一党が支配する国家がこれを収奪、国営化した結果、その各国の経済がどうなったかということは、歴史的に証明済みだ。

「1930年代のメキシコにおける石油産業の国営化、イランにおけるモサデグ首相によるあばだん精油所の国営化、ボリビアにおける錫鉱山の収用、チリにおける銅鉱山の収用は、すべてそこに働く従業員に支持された。それどころか熱烈に歓迎された。しかし、マネジメントの人間や技術者が追放され、あるいは自主的に立ち退いた後、生産性は崩壊した。その回復は、彼らの復帰を待たなければならなかった。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』)

時折、経営が従業員に「丸投げ」して成功したというようなエピソードを目にすることもある。
打開策が見出しにくいときに、経営者は、自らの支配を極限まで強めるか、現場に一式委譲し放棄するか、二極に走りがちだ。
このいずれもが間違っていることを、ここで我々は改めて気が付かされる。

仕事が生産性であるための(事業成果がしっかり出るための)ビジネスプロセス設計とインストールについて、経営者である我々は必ずコミットする責務がある。現場の自由とは、その正しく設計されたフィールド内においての自由なのだ。

CATEGORIES

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)