FEATURES

特集記事・コラム

2017.05.02

VOL.559  「仕組化」に改めて真剣に取り組んでみる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エグゼクティブの条件 Vol.559
~今日から使える実践スキル~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おはようございます、経営者JPの井上です。

GW連休の中日、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
9連休の方は某キー局のアンケートによると16%くらいだとか。
最も多いのはカレンダー通りで50%強ですので、本日出勤の方
が多勢を占めているのかと思います。
(当社もカレンダー通りです。)

そういう意味では明日からの5連休がGW本番!という方が多
いかと思います。こうした中日は、案外落ち着いて仕事をしや
すいものですよね。
気持ちよく予定業務を進めて、明日からのGWを満喫しましょう!


∵∵∵∵∵∵∵∵【本日ご紹介のコンテンツ】∵∵∵∵∵∵∵∵∵

▼ 井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」
「仕組化」に改めて真剣に取り組んでみる。

▼ Bizトレンド【経営者JP企画提供】
井上和幸の連載コラム「実践マネジメント心理学」

▼ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼  井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」

「仕組化」に改めて真剣に取り組んでみる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私事で恐縮ですが、本年度の自己テーマのひとつに

「改めて「仕組化」に真剣に取り組む」

を掲げました。

事業が(良い意味でも)日常化し、「当たり前」のことが
増えてくると、どうしても「仕事のための仕事」や「属人
的な業務」、ともすると「やらなくてもよい雑務の繰り返し」
などが、気が付かないうちにどんどんと堆積してきます。

足元の業務も、事業モデルも、言ってみれば、部屋の状態
と似ているところがあるなぁ、とも思います。
定期的に片づけすることは、大事ですね。

以前に「設計情報転写論」というのを何かの本で読んだこと
があったのですが、仕事とはすべからく「設計情報の創造」
と、その「設計情報の転写」からなる、と。

要するに、事業モデルや業務自体を設計(=「設計情報の
創造」)する仕事と、設計された業務を遂行(=「設計情報
の転写」)する仕事とからなる。

経営者自身から事業責任者、現場マネジャー、一般メンバー
に至るまで、この2つの業務の連なり、組み立てから、企業
の業務~事業は成り立っています。

この観点で、大局的なところから、各論の手順まで、順次、
棚卸をして明確化することで、自社のノウハウの確認や、
いま発生しているムダなども発見できるかと思いますので、
これから一定の時間を取って、この2つの棚卸に着手してみ
たいと考えています。

案外、「わかっているつもり」だったことの再確認と共有
や、「意外な強み」の発見などもあるのではないかな、と
ちょっとモチベーションを挙げつつの宿題としています。

GW中だけでは到底終わらないテーマですが、発見したこと
などありましたら、こちらのコラムでも順次ご報告してまい
ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ Bizトレンド【経営者JP企画提供】
井上和幸の連載コラム「実践マネジメント心理学」

第45回:究極の生産性向上策?!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーでは、マネジャーの皆様が日々のマネジメントで役立
てて頂ける実践的な心理学の理論と活用法、「科学的に上手くやる、
人・組織の方法論」、をご紹介してまいります。

今回は、昨今話題の「生産性」について。ちょっと意外な?生産性
UP策についてお話ししてみます。

■仕事をムダに増やさないための「本質的でないことを考えさせな
い・やらせない」方法

ここ最近、安倍政権の肝入り施策「働き方改革」議論も盛り上がっ
ており、その中でも電通事件など過剰労働の問題などもあって、生
産性について注目されることが多くなりました。

しかし、上司の皆さんからしてみれば、大して重要でもない仕事を
して、忙しがっている部下もいますよね。(うちの会社はほとんど
の部下がそうだ、ですって?!)

さて、どうしましょうか。

まず、そういう部下に対しては、軸を通す〜「要するに、何を達成
できればいいのか」という1点に絞って、話を進めましょう。

手段が目的化してしまうことは往々にして多いものです。

たとえば、本来的にはある商品を導入してもらうことが大事なはず
が、そのために提案資料を作ることになり、そこで商品紹介とは直
接関係のないところでプレゼン資料を華美にする、見もしないデー
タをたくさんつける、ということになります。

そんなときに、上司としては「まてまて、そういう部分が、クライ
アントの商品導入決裁を促進するんだっけ?」というところをチェ
ックしなければなりません。


▼続きはこちらからお読みいただけます
http://biz-trend.jp/article/2017/157/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。編集部の新井です。

昨日はメーデーでした。当社近くの明治通りでもデモ隊が列をな
していました。
メーデーという言葉は知っていたものの、どんな活動なのかはよ
く知らなかったので、
調べてみると「8時間は労働、8時間は休息、そして残り8時間は自
分たちの自由な時間のために」ということが活動当初の主張だった
ようです。

現在は、職種や働き方が多様化しているために、良い面もあれば
悪い面も出てきているのかな、と個人的には感じています。
デモ隊の聞こえてくる声を横耳に、”働くこと”や、”日本の労働”
について、ふと考える瞬間でした。

人事専門誌である日本人材ニュースには、近年の日本の労働環境
に関する記事が多く掲載されています。
先日、弊社代表 井上の記事も掲載されましたので、ぜひご覧くだ
さい。
http://jinzainews.net/articles/GIGny


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

  • [ 公式アカウント、随時更新中 ]

    経営者JP facebook

    フォローする
  • [ 経営者JPオフィシャルメールマガジン ]

    「エグゼクティブの条件
    〜今日から使える実践スキル〜」

    登録する

お問い合わせ

各種サービスについてのご相談・取材等のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)