FEATURES

特集記事・コラム

2017.10.10 エグゼクティブ / マネジメント

VOL.93 人こそ最大の資産。(前編)

人を管理するための従来型アプローチとして、ドラッカーは次の3つを紹介している。

(1)人を助けを必要とする存在と見る、福祉的アプローチ
(2)人を雑事と見る、人事管理的アプローチ
(3)人を費用あるいは脅威として見る、労務管理的アプローチ

結論から言うと、ドラッカーはこの3ついずれもが、人の強みを活かすものとしては機能しないものだと言う。

福祉的アプローチは一時的な助けにはなっても、それは一時凌ぎの「松葉杖」に過ぎず、甘えを生むものでしかない。
人事管理や労務管理は衛生要因(それがないと不満を生むもの)であり手を抜けば問題が起こるので当然行われるべきものではあるが、「人のマネジメント」(=成果をあげさせるためのマネジメント)を行うものではない。

「人のマネジメントとは、人の強みを発揮させることである。ところが福祉的アプローチ、人事管理的アプローチ、労務管理的アプローチのいずれもが、人の強みに焦点を合わせていない。人は弱い、悲しいほどに弱い。問題を起こす。手続きや雑事を必要とする。しかし人は、それらのことゆえに雇うのではない。人を雇うのは強みのゆえであり、能力のゆえである。何度もいうように、組織の機能は、人の強みを生産に結びつけ、人の弱みを中和することである。」(『マネジメント–-課題、責任、実践』、1973年)

「人こそ最大の資産」であるといい、組織の違いは人の働きによるといわれる。
しかし現実には、人のマネジメントについての従来のアプローチのほとんどが、人を資産としてではなく、問題、雑事、費用、あるいは脅威として扱っているとドラッカーは指摘する。

では、どうすれば良いのか?

ドラッカーは、ここで、(1)MBO(マネジメント・バイ・オブジェクティブ)、(2)働くものを資源として見ること、(3)適所適材 の3つを挙げる。
具体的なところについて、次回見てみよう。

CATEGORIES

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)