FEATURES

特集記事・コラム

2015.12.14 マネジメント

VOL.5 生産性UPの秘策は?(続き)

前稿に続き、ドラッカーが語る生産性向上の施策について追ってみたい。

前回の通り、ドラッカーは、

「知識労働者とサービス労働者の生産性向上には、継続学習を組み込むことが必要である。知識は、その絶えざる変化のゆえに、知識労働者に対し継続学習を要求する。サービス労働者に対しても、継続的な自己改善努力としての継続学習を要求する」「生産性向上のための最善の方法は、他人に教えさせることである。知識社会において生産性の向上をはかるには、組織そのものが学ぶ組織、教える組織とならなければならない」(『ポスト資本主義社会』)

と言う。

それはなぜなのだろう。

「20世紀の企業における最も価値ある資産は生産設備だった。他方、21世紀の組織における最も価値ある資産は、知識労働者であり、彼らの生産性である」「20世紀の偉業は、製造業における肉体労働の生産性を50倍に上げたことである。続く21世紀に期待される偉業は、知識労働の生産性を、同じように大幅に上げることである」(『ポスト資本主義社会』)

そう、我々は既に「肉体労働中心の社会」から「知識労働中心の社会」に移行済みだ。簡単に言えば、多くの人たちがホワイトカラー職として働いており、一次産業・二次産業に従事している人たちであっても、その生産方法において知識集約的な仕事が求められるような社会になっていることは、この後に及び敢えて言うまでもない。

「教師の仕事は、生徒の数で評価されることはない。何人の生徒が学んだかが問題である。質である。病院の検査室にしても、信頼できる検査をどれだけ行ったかが問題であって、どれだけの数の検査をおこなったかではない。同じことは、事務の仕事についてもいえる」

肉体労働が所与の作業を、いかによりよく行うかを考え実行すればよかったのに対して、知識労働においては、「一体、何をおこなうことが正しいのか」という、質の定義から入らなければ、そもそも良い仕事はできないということなのだ。

「知識労働の生産性は、仕事の質を中心に据えなければならない。しかも、最低を基準としてはならない。最高ではないにしても、最適を基準としなければならない。量の問題を考えるのは、その後である。このことは、知識労働の生産性向上には、量ではなく質の面から取り組むべきことを意味するだけではない。まずもって、仕事の質を定義すべきことを意味する」(『ポスト資本主義社会』)

そこで、前項に紹介した「知識労働者の生産性を向上させる6つの条件」の第一、「仕事の目的を考える」となる訳だ。

「知識労働の生産性の向上のために最初に行うことは、行うべき仕事の内容を明らかにし、その仕事に集中し、その他のことはすべて、あるいは少なくとも可能なかぎりなくしてしまうことである」「仕事が何かか明らかになれば、続くその他の条件に取り組むことも容易となる。そのうえ、知識労働者自身が取り組めるようになる」(『ポスト資本主義社会』)

まず「仕事の目的を明らかにする」という質の定義から入る。質の定義ができるのは、ここの職務に最も密接に関わっている各々の現場スタッフである。だから、「教え、教えられる」環境を作ることが必要なのだ。それによって、より正しく、個々の「仕事の目的を明らかにする」ことができる。

生産性UPのために、最大の留意でなによりも最初にやらなければならないことが、「質の定義」。

「まったくするべきではないことを能率的にする。これほどむだなことはない」(『現代の経営』)

正しく頑張ることが、結果、「最小の努力で最大の成果を得る」(『現代の経営』)ことへと直結するのだ。

 

CATEGORIES

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「経営者力診断™」は、株式会社 経営者JPにて登録商標出願中です
(登録商標出願番号:商願2021-125735)
- 「経営人材度アセスメント™」は、株式会社 経営者JPにて登録商標出願中です
(登録商標出願番号:商願2021-125736)
- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)