FEATURES

特集記事・コラム

2017.01.11

VOL.525 2017/1/11(水) 2017年、どうなる?!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エグゼクティブの条件 Vol.525
~今日から使える実践スキル~
http://www.keieisha.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【本日のトピックス】

井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」

2017年、どうなる?!

………………………………………………………………………………

こんにちは、編集部の藤田です。

今週からより一層寒さが厳しくなりました。
週末はまた気温が下がるようなので、体調崩さぬようお気を付けください!

本日、皆様にご案内させていただきたいコンテンツは以下の通りです。

ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。


∵∵∵∵∵∵∵∵【本日ご紹介のコンテンツ】∵∵∵∵∵∵∵∵∵

▼ 井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」

▼ ビジネスをリードする経営者達の間で、
改めてドラッカーが注目されている理由とは?

▼ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼  井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」

2017年、どうなる?!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、改めまして、本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

2017年、株の相場格言では「申酉騒ぐ」と言われ、市場は乱高下する時期
と読むのが筋となっていますが、さてどうなるでしょうか?

今回は当メルマガでも新春らしく、今回は2017年を占ってみよう、と思いま
すが、しかし、僕などが素人ヨミをしてもどうなのだ、という部分があります
ので、以下のような話で恐縮です。

昨年末に、僕も幾つかのメディアなどから「2017年予測」系のコメントや
寄稿のご依頼を受け、大枠としては、「2017年は基本的に前半を中心に、
うまくいけば通年、景況見通しは明るい」「2018年は息切れするかも」
というスタンスでお話をしてきました。

新春に出た主要メディアの論調や、識者、財界トップのコメントを拝見します
と、結構同じ論調だったので、少し意外に思った次第です。

昨年にコメントを返していたときは、全体としてはもっと悲観論が多いのでは
と思っていたものですから。

トランプ政権の不透明さ、EU問題、ロシア・中東や中国・北朝鮮の地政学的
リスクを見ると、不透明かつ不穏な世界情勢の肌感覚が強いですよね。

僕が楽観派で見たのは、とは言え、トランプは少なくとも初動でこけたくない
だろうから(そこはビジネスマンなので)、なんとしても米国景気を浮揚させ
る策を徹底的に打つだろう。

それは概ね、日本および世界経済に対してポジティブに働く要因が多い
(雇用を米国に取り戻す、問題がありますが、これは経済合理的に考えて、
他のエリアを貶めるような行為が米国景気を浮揚させることはないことくら
らいトランプおよびトランプ政権スタッフは分かるであろうから、馬鹿な策は
結局は取らないと思っています)ということで、上記のようにヨミました。

さて、予測というのは、概ね、多勢がそう思っていると、逆方向にいくもの
なので、僕としては、「なるほど、、ということは、少し待てよ」と思っています。

・思っているより、見逃しているリスクが大きく、現状の世相見通しよりは
前半戦から厳しくなる

・逆に想定以上に、景況盛り上がり、かなりの好景気感(バブル感?)が
巷にあふれる

さて、どちらか?!

当然、後者に見通しがずれることを、僕としては大いに期待しています^^;

どのような一年となりますか。

ドラッカーは言いました。

「われわれは未来についてふたつのことしか知らない。ひとつは、未来は
知りえない、もうひとつは、未来は今日存在するものとも、今日予測するもの
とも違うということである」(『創造する経営者』)

続けて言います。

「それでも未来を知る方法は、ふたつある。一つは、自分で創ることである。
成功してきた人、成功してきた企業は、すべて自らの未来を、みずから創っ
てきた。もう一つは、すでに起こったことの帰結を見ることである。そして行動
に結びつけることである」

未来を自ら創る。
同時に、「既に起こった未来」を観る。

これを肝に銘じて、2017年、大いに走りたいと思います!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ ビジネスをリードする経営者達の間で、
改めてドラッカーが注目されている理由とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年、トランプ政権の発足、英国のEU離脱手続き開始、主要各国
での政権交代、ポピュリズムの台頭などで政治不安に揺れる世界。

一方でAI、VR、AR、シェアリングエコノミーの席巻などで、
どの産業・業界においても既存の事業環境やビジネスモデルが激変
することも予測されています。

大変革期において、私たちはどのように事業を推し進め、経営して
いけばよいのでしょうか。

その答えを、ドラッカーが既に語り明かしています。


一方で、

「そうは言っても、ドラッカーの名前は聞いたことがあるけれども、
具体的に彼が何を伝えたのかは良く知らない」
「アマゾンで検索してみたら、著作が膨大で、どれを読めばよい
のか、分からない…」

そんな経営者・リーダー諸氏が、まだまだ多いのも事実。

そこでこのたび、経営者JPでは
【2時間半で学ぶドラッカー】講座を開講いただくことにいたしました!


2017年2月9日(木)19:00~は、
「ドラッカーのトップマネジメント思考」について。
https://www.keieisha.jp/seminar/170209/

2017年3月16日(木)19:00~は、
「ドラッカーの経営戦略(マーケティングとイノベーション)」
についてです!
https://www.keieisha.jp/seminar/170316/

どちらも2時間半に凝縮してお伝えするまたとない機会です!

ご都合が合う方はぜひこの機会をお見逃しなくご参加ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、編集部の藤田です。

1月5日が仕事始めだった当社は、愛宕神社へ初詣に行ってまいりました。
同日が仕事始めの企業様も多かったようで、愛宕神社は例年に比べ
とても賑わっていました。
全社員で「出世の石段」を上り、お参りすることが毎年恒例の行事です。


2017年、皆さまのさらなる飛躍にお役立ていただけるよう様々な
情報発信や企画を展開してまいりますのでぜひご活用いただけます
幸いです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。

また次号もよろしくお願いいたします。



※このメルマガは経営者JPのクライアント・ユーザーの皆様、
当社メンバーとお名刺交換を頂きました皆様、会員サイトご登録各位
およびメルマガ配信のご希望を頂きました皆様にお届けしております。


………………………………………………………………………………

▼メールマガジン登録・変更、他お問い合せは以下のメールアドレスまでご連絡ください。
info@keieisha.jp

▼メールマガジン解除は以下のフォームにご記入ください。
http://goo.gl/forms/u563ii4qHluBOsAl2

▼Instagram・Facebook・Twitterでも最新情報を更新しています。
ぜひ「いいね!」を押して旬なお役立ち情報をゲットしてください!
https://www.instagram.com/keieisha_jp/?hl=ja
https://www.facebook.com/KEIEISHAJPCorporation/
https://twitter.com/?lang=ja

▼日刊メルマガ「リーダーのヒント:井上和幸365日語録」
http://www.keieisha.jp/mailmaga_leader.html

▼弊社代表井上和幸のオフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/kazuyuki0329inoue/


◇― 経営者JP4事業のご紹介 ――――――――――――――――◇

<エグゼクティブサーチ事業>
経営幹部層(社長・取締役、CEO・COO
・CFO等の経営執行責任者、事業部門責任者、部長職位者、課長職位者)
の人材紹介(エグゼクティブサーチ、ヘッドハンティング)
http://www.keieisha.jp/es.html

<セミナー事業>
経営者・リーダー向けセミナー、講座の主催・運営
http://www.keieisha.jp/seminar.html

<会員事業>
経営者・リーダー対象の会員組織の主催・運営・コンテンツ販売
http://www.keieisha.jp/gfo.html

<コンサルティング事業>
経営体制強化支援、役員・幹部研修、組織・人材・人事コンサルティング、
社外取締役・顧問等の派遣、EQ活用、エグゼクティブコーチング
http://www.keieisha.jp/consulting.html

<経営者JP採用情報>
https://www.keieisha.jp/recruit.html



■□発行責任者■□

株式会社経営者JP
KEIEISHA JP Corporation

http://www.keieisha.jp/
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿II (旧称:K&S恵比寿ビルII )6F

※転送フリーです。
転送の際は、当メールマガジンであることを明記ください。

Copyright(c)2017 KEIEISHA JP Corporation All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

  • [ 公式アカウント、随時更新中 ]

    経営者JP facebook

    フォローする
  • [ 経営者JPオフィシャルメールマガジン ]

    「エグゼクティブの条件
    〜今日から使える実践スキル〜」

    登録する

お問い合わせ

各種サービスについてのご相談・取材等のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)