FEATURES

特集記事・コラム

2020.03.26

VOL.818 世界を切り開くのは言葉である

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エグゼクティブの条件 Vol.818
~今日から使える実践スキル~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、経営者JPの井上です。

東京五輪が1年延期の見込みとなる中、新型コロナウイルス感
染防止策がトリガーとなって、逆に前倒しで急速に進んでいる
テレワーク。

本質的な働き方改革へと繋がる部分が多く、そのところは前向
きにとらえるべきと思います。

効率的な仕事の仕方、本質的な仕事の仕方を炙りだす契機に。
「時間で働く」「出社して机に座っていることで給与を貰う」
という訳にはいかなくなりますよね。

仕事の仕方、有り方、意味・価値が最も問われるのは、中間管
理職層ではないかと感じますが、どうでしょう?

 

∵∵∵∵∵∵∵∵【本日ご紹介のコンテンツ】∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

▼ 私が経営者になった日
株式会社相模屋食料 代表取締役社長  鳥越淳司氏

▼ TERRACEの本棚

▼ ITmediaエグゼクティブ【経営者JP企画提供】連載
ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 私が経営者になった日
株式会社相模屋食料 代表取締役社長  鳥越淳司氏

決まった形に寄りかかるような楽はしない。(Vol.2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長に任命された日=経営者になった日ではありません。経営
者がご自身で「経営者」になったと感じたのは、どんな決断、
あるいは経験をした時なのか。何に動かされ、自分が経営者で
あるという自覚や自信を持ったのでしょうか。

豆腐業界のトップメーカーとして、意欲的で新しいヒット商品
を様々に展開するだけでなく、全国各地の豆腐メーカー再建に
も注力している相模屋食料代表・鳥越氏にお話を伺いました。

●28億の売上時点で1,000億円構想。

鳥越氏は、売上28億円の時点で『売上1,000億円構想』を打ち
立てた。しかし、その数字は、現状がこうだからという具体的
な構想ではなかったという。

「ないからこそ、いいと思っていました。それが例えば100億
だったとしたら、ものすごい現実味を帯びる。100億いった次
のステップは300億なのか500億なのかとか、数字の世界で測
らなければならなくなっていきます。それには綿密な計画が見
えていないと『何を言っているんだ』という話になります。で
も、当時30億程度会社の人間が『1,000億やります』と言った
ら、もう、呆れるしかないんです(笑)。『どうやってやるん
ですか?』『いやいや、やりますよ』『ばかか!』みたいに見
られてはいましたけれども、それ以上は踏み込まれないのです」

しかし、少なくとも社員の反応は異なるものだった。

「1,000億という、よくわからないけれども、ものすごく大き
い、見えないような上のことをやろうとしているんだな、そこ
まで行くためには頑張らなきゃなっていうふうに思ってくれま
した。それは、すごく効果としては大きかったですし、私自身
がそう思っていましたので。すでに今300億を越しましたが、
最初に100億を目指していたら、多分、今頃はそこで止まって
いたと思います。」

↓続きはこちらからお読みいただけます
https://keieishaterrace.jp/article/detail/14341/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ TERRACEの本棚

人は何によって自分から自分を守れるか
―辛抱強さは美徳ではない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成功する経営者は皆、多読家。成功している経営者が注目して
いる、読んでいる書籍をご紹介してまいります。

今回ご紹介するのは、『やりすぎの経済学-中毒・不摂生と社
会政策』です。本書の編集を手掛けられた、大阪大学出版会の
栗原佐智子氏に見どころを伺いました。

不摂生な行動はなかなかやめられないし、他人を傷つけること
もある。他人を守るためには政策もとられ、喫煙、飲酒、過食
については選択しきれない情報もあふれている。
しかし、本書で問題にしているのは「自分を傷つける」ことを
止めさせるにはどうしたらよいか、ということ。

いまこの瞬間に、座り続けるのは健康に悪いのは分かっていな
がら、こうして朝から座り続けて仕事をやめられない私もいる。
ほとんど動かないから食事を減らさなければ体重が増える、将
来の健康度は下がる可能性が高まる、でも期限を破れば迷惑の
連鎖が始まる。
この瞬間の連続は、仕事は進むし、好きだからやっているのも
本当だし、自分や家族を犠牲にしているのも本当。いろんな要
因が絡まっている。

こうした要因は行動それぞれで、人それぞれだ。しかし、本人
が困った行動を是正しようと動き出す頃には、手遅れになって
いることも多い。一体どうしたら?こうしたとき、訳者から本
書の翻訳、医療経済学におけるパターナリズムの話を聞いた。
国家が政策として食品の塩分を少しずつ減らせば、国民の健康
度は上がる、という話。
すごいじゃない、パターナリズム。と思った。そして、翻訳書
も絶対面白いに違いない、と。

↓続きはこちらからお読みいただけます
https://keieishaterrace.jp/article/detail/14371/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ ITmediaエグゼクティブ【経営者JP企画提供】連載
ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術

世界を切り開くのは言葉である

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネス書著者の方に毎週入れ替わりながら執筆いただき、経
営者・リーダーの皆様が「明日から使える実践仕事術」をご紹
介しています。
今回は三浦崇宏氏に、最新刊『言語化力』にまつわるコラムを
ご寄稿いただきました。

ビジネスにおいて、今、数字以上に言葉が求められている。

これまでの時代は、ビジネスで重要視されていたのは、数字だ。

「モノを安くたくさんつくれば、売れる」
「よりよいサービスを提供すれば、もうかる」
「人を増やせば、売り上げもあがる」――。
昭和、平成は目標としての「数字」さえ示せば、それが指針と
なり、みんなが前に進むことができたのだ。

「世界の枠組み」「ビジネスの仕組み」がかっちり決まってい
たため、目指すべき数字だけ示せば事足りた。「今年は1億円
稼ぎましょう」「来年は2億円稼ぎましょう」それでよかった。

成長や進化のベクトルは定まっていて、あとはその「進むべき
距離」だけ考えていればよかったわけだ。

しかし今はそのベクトルが、定まっていない。時代が変化する
スピードは加速している。社会やビジネスのルールもあっとい
う間にアップデートされてしまう。

ぼくたち一人一人が、そして企業だって、どちらに行くのが正
解なのか分からない。そういう時代だ。だからこそ、どちらに
進むべきかを決めて、断言できる人間が強い。

↓続きはこちらからお読みいただけます
https://keieishaterrace.jp/article/detail/14352/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

  • [ 公式アカウント、随時更新中 ]

    経営者JP facebook

    フォローする
  • [ 経営者JPオフィシャルメールマガジン ]

    「エグゼクティブの条件
    〜今日から使える実践スキル〜」

    登録する

お問い合わせ

各種サービスについてのご相談・取材等のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)