FEATURES

特集記事・コラム

2019.03.07

VOL.727 35年の研究で解明! 生産性と創造性が高まる「シンプルな法則」とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エグゼクティブの条件Vol.727
~今日から使える実践スキル~
https://keieishaterrace.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、経営者JPの井上です。

元号の変わり目で、周期説などへの関心もまた上がっている
ように感じます。
4年サイクル、7年サイクル、10年サイクル、30年サイクル、
70年サイクル…諸説あり、心理学的な妥当性を感じるものも
あればトンデモ科学に見えてしまうものもあり。

ただ、どのようなことでもバイオリズムのようなものがある
のは誰しも感じますし、何かの節目というのは理屈抜きに、
潮目が変わったり、取り組みのモードチェンジをするトリガー
になりますよね。
(12月31日と1月1日は、3月6日と3月7日と、なんら変わり
ない1日の移り替わりですが、やはりその1日の移行の意味
合いと心理や行動に与える影響は、まったく異なります。)

4月の年度変わりが来て、その直後の5月に歴史の変わり目が
来る。この節目とサイクルを、うまく非連続的ジャンプの
トリガーとして使えるよう、自分や自社を仕掛けてみたいと
考えています。


∵∵∵∵∵∵∵∵【本日ご紹介のコンテンツ】∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵


▼ 理論で固める経営戦略

▼ 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」

▼ ITmediaエグゼクティブ【経営者JP企画提供】連載
ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 理論で固める経営戦略

“神経”のような組織 ーーパラダイム・チェンジとメンタルモデル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本連載では、サイエンス分野の知見を経営学に応用し、より実
効的な経営・マネジメント施策を実現していくためのアイデア
やヒントを探求・提案していきます。
作家、リサーチャーの佐々木一寿氏が、本格的な経営論的枠組
を丁寧・シンプルに解説します。


前回は、ティール導入の可能性を探る上で最重要かつ最難関で
あろうブレイクスルー「セルフ・マネジメント」(自主経営)
を取り上げた。これまでの「7つのパラダイム」と「3つのブ
レイクスルー」の整理を踏まえつつ、以降ではティール型のも
つ可能性や活用のヒントを(ティールにならってできるだけ有
機的、統合的に)論じていきたい。今回は、ティール型組織の
形態イメージとマネジメントチームのメンタルモデルに焦点を
当てる。


◇人には脳がいくつある?

『ティール組織』の著者、ラルーは、常識があてにならない様
を、「人間にはいくつの脳があるか」という質問をすることで
示している。
この質問は私たちの常識の危うさに気づきを与えるが、それ以
上に、ラルーの組織の見方に関するメッセージを多分に含む示
唆的なものでもある。

ラルーは、多くの人は「人間の体には脳は1つしかない」と答
えるという。頭の中にある脳(頭脳)が唯一であり、頭脳が体
に司令を送ることによって体が動くのだ、と。しかし、最近の
医学では、人間の体には3つの脳があることがわかっていて、
頭と腸、胸部にそれらはある。

ラルーは、それぞれが自律的な3つの脳が共存して人体がなり
たっていることを示すとともに、19世紀には腸の脳が発見され
ていたにも関わらずその後に忘れ去られた歴史的経緯を踏まえ
て、「脳は1つである」”べきだ”という発想が長年にわたって
根強くあったのではないかと示唆している。

↓続きはこちらからお読みいただけます
https://keieishaterrace.jp/article/detail/10998


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 成功する経営者は皆、多読家。「TERRACEの本棚」

35年の研究で解明! 生産性と創造性が高まる「シンプルな法則」とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成功する経営者は皆、多読家。成功している経営者が注目している、
読んでいる書籍をご紹介してまいります。

今回は、『マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす
「小さな進捗」の力』。
編集を手掛けられた英治出版の山下智也氏に、本書の見どころを
伺いました。
心理学や成人発達論をベースに、長年にわたり組織の創造性と生
産性のメカニズムを明らかにしてきた著者(ハーバード教授&心
理学者の夫婦)。ある大規模調査の結果、ふたりは衝撃の事実を
手にする。

著者ふたりはスタートアップから広く名の知れた企業まで、
3業界、7企業、26チーム、238人を対象に、数か月間にわたり日誌
調査を実施した。すると、「やりがいのある仕事が進捗する」
ようにマネジャーが支援すると、メンバーの創造性、生産性、
モチベーションが最も高まる、「進捗の法則」なるものが明らか
になったのだ。

――評価でも、インセンティブでも、明確な目標でもなく、「進捗」?

↓続きはこちらからお読みいただけます
https://keieishaterrace.jp/article/detail/10933


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ ITmediaエグゼクティブ【経営者JP企画提供】連載
ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術!

VOL.447 緊張するから、いいプレゼンができる

今回は、永井千佳さんより寄稿いただきました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

緊張を生かすことで、プレゼンで伝えたいことが伝わり、聞き手
の心を動かすことができる。

人前に出るだけであがってしまう。大事なプレゼンほど早口に。
質問されたら、頭が真っ白。

ビジネスパーソンならば誰でもそんな経験があるもの。「プレゼ
ンで緊張しないようになりたい」という人も多いはずだ。

「実は素晴らしいプレゼンをする大企業の社長でもとても緊張し
ています。緊張はなくすものではなく、生かすものなんです」と
いうのは、トッププレゼンコンサルタントとして50社以上の社長
の記者会見を分析し続けてきた永井千佳さんだ。

『緊張して話せるのは才能である』(宣伝会議)を出版した永井
さんに、話を聞いた。

↓続きはこちらからお読みいただけます
https://keieishaterrace.jp/article/detail/10991

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

  • [ 公式アカウント、随時更新中 ]

    経営者JP facebook

    フォローする
  • [ 経営者JPオフィシャルメールマガジン ]

    「エグゼクティブの条件
    〜今日から使える実践スキル〜」

    登録する

お問い合わせ

各種サービスについてのご相談・取材等のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「経営者力診断™」は、株式会社 経営者JPにて登録商標出願中です
(登録商標出願番号:商願2021-125735)
- 「経営人材度アセスメント™」は、株式会社 経営者JPにて登録商標出願中です
(登録商標出願番号:商願2021-125736)
- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)