FEATURES

特集記事・コラム

2018.01.16

VOL.622  影響力と説得のために、最も重要なことは「    」である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エグゼクティブの条件 Vol.622
~今日から使える実践スキル~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おはようございます、経営者JPの井上です。

2018年も年始、そして直後の三連休も過ぎ、気が付けば、月半ば。
本番モードでアクセルを踏んでいきたいと思います!


∵∵∵∵∵∵∵∵【本日ご紹介のコンテンツ】∵∵∵∵∵∵∵∵∵

▼ 井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」

▼ Bizトレンド【経営者JP企画提供】
井上和幸の連載コラム「実践マネジメント心理学」

▼ 2018年、あなたのEQ力をチェック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼  井上和幸の連載コラム「エグゼクティブの条件」

影響力と説得のために、最も重要なことは「    」である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『影響力の武器』から実に33年ぶりに、著者のロバート・チャル
ディーニ氏が単著を出され、その翻訳本が発売されましたので、
多分に漏れず、早速購入し読み始めました。

HR関連の方々の間ではバイブルとなっている『影響力の武器』の
著者による新刊ですので、いったいどのような論を今回提示して
くれるのだろうと期待大でしたが、その本のタイトルは、

『PRE-SUASION』~プリ・スエージョン、チャルディーニ氏の
造語で、「下準備」、です。

そう、影響力、説得力を発揮する成功者・業績トップの人たちの
共通項は、その説得に関する発言・発信を行う前に、「何をして、
何を言うかの、入念な作り込み」にあるとのことが、本書のキー
メッセージとなっています。

本書の中では「革命的瞬間」「特権的瞬間」というような言葉も
多く使われていますが、要は、しっかりとお膳立てされたところ
で発言・発信することで、メッセージは最も効果的に伝わり、影響
力、説得力を発揮する、ということですね。

メッセージの内容はもちろん非常に大事ですが、それをいつ、どこ
で、どのように発するか。これができているか、いないかで、成果
は大きく異なったものとなる、と。

めくらめっぽう発すればよいというものではないとは理解してい
ても、本当に「準備」「お膳立て」の部分を戦略的、意図的に設計
してメッセージを出すことができている人というのは、そうは多く
ないと、本書を読み始めて感じました。

影響力と説得力は、「下準備」段階で勝負が8割がた決まっている。
本書をこれからしっかり読み込み、科学してみたいと思います。

■『PRE-SUASION 影響力と説得のための革命的瞬間』
ロバート・チャルディーニ 著/誠信書房・刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4414304245/ignition06-22/ref=nosim


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ Bizトレンド【経営者JP企画提供】
井上和幸の連載コラム「実践マネジメント心理学」

第53回:次の20年のマネジメントを考える
(「個」と「組織」の関係性について考える編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このコーナーでは、マネジャーの皆様が日々のマネジメントで役
立てて頂ける実践的な心理学の理論と活用法、「科学的に上手く
やる、人・組織の方法論」、をご紹介してまいります。

「次の20年のマネジメント」について皆さんとともに考えてい
くシリーズ、今回はその第4回「個」と「組織」の関係性につい
て考える編です。


■「個」か、「組織」か、の闘争が始まった?!


ライフシフト、働き方改革、生産性、と、この数年で「これから
のキャリア」に関するテーマへの興味関心や取り上げられ方がぐ
っと強くなりました。
それだけ変革の真っただ中に、私たちの働き方は入りつつあると
いうことの証左でもあるでしょう。


そのような中で、これからはもっと「個」が強くならなければな
らない。「組織」に縛られている働き方はもう古い。このような
言われ方が多くなったように感じます。特に、いわゆる「フリー
ランサー」「クラウドワーカー」的な働き方を推奨している、実
践している人は、ここを強く強調されますね。

一方で、経営者や人事責任者のインタビューなどからは、「最近
の社員、特に若手は、基本的な組織行動もできなくなっていて、
人材の劣化が激しい」「新卒採用で、社員としてまともに働ける
人材を見つけることが、極めて難しくなった」というようなコメ
ントが非常に多くなりました。


このように、「個」か、「組織」か、についての論争~ある面、
特定のクラスター間における<闘争>とも言えると思います~が
姦しくなってきました。


さて、これは、どちらが正しいのでしょうか?


↓続きはこちらからお読みいただけます。
https://biz-trend.jp/article/2018/166/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 2018年、あなたのEQ力をチェック!
あなたの心の知能指数(EQ)の高さはどのくらいですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

EQとは心の知能指数と言われ、感情察知・感情コントロール・
対人関係スキルなどを総合的に評価するものです。
仕事・人生を上手く生きていくには知識やIQだけではなくEQも
必要と言われています。

米国では以前からEQの普及率は高く、グローバルエリートの
ほとんどがEQテストを受け、自己の感情について、強み・弱み
を把握しています。


EQを意識してうまくビジネスに利用することができるのは
一つの能力であり、この能力は誰もが備わっているものです。
適切な訓練によって、その発揮能力を高めることができますが、
感情をコントロールするには、自分の足りない能力や傾向を
知ることが大切です。

このEQテストはそのために現在の心の知能指数と性格傾向を
計るものとなっています。

気になる方はこちらから↓
https://www.keieisha.jp/service/consulting/eq/indivi/

ARCHIVE

新着記事を
いち早くお届けします!

  • [ 公式アカウント、随時更新中 ]

    経営者JP facebook

    フォローする
  • [ 経営者JPオフィシャルメールマガジン ]

    「エグゼクティブの条件
    〜今日から使える実践スキル〜」

    登録する

お問い合わせ

各種サービスについてのご相談・取材等のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「経営者力診断™」は、株式会社 経営者JPにて登録商標出願中です
(登録商標出願番号:商願2021-125735)
- 「経営人材度アセスメント™」は、株式会社 経営者JPにて登録商標出願中です
(登録商標出願番号:商願2021-125736)
- 「CxO顧問®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第6191326号)
- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)