FEATURES

特集記事・コラム

VOL.5 「社会貢献」――優しさと余裕も身に付けて、自らが従業員の手本になる。(5/5)

1 / 2 ページ

井上 さて、この対談も締めくくりに近づいていますが、まとめとして晴香さんから経営者やリーダーの方々に対して、ぜひ伝えたいということを伺えればと思います。

晴香 社会貢献の大切さです。実は、私が経営者の方に投げかけてみたいのはこのことなんです。今は、格差意識や不公平感、勝ち組や負け組という意識がものすごくありますよね。しかし、私たちは不公平を感じたときや相手が過剰に得をしているときにイラッとくる一方で、自分だけが得をしてしまっているときにも同じように嫌悪感を抱くことがあるということが、心理学的にわかっています。「不公平回避」と言いますが、人は、自分ばかりが得するようなことも避けるのです。このような傾向は、メソポタミア文明以降に広がったと考えられています。
それまでは、その日とった物をみんなで分けていました。身体の弱ったおばあちゃんや、ケガしたお父さんがいても、若者がとってきた物をみんなで分けていた。まず不平等というものがなかったので、不公平感もなかったんです。ところが、文明ができて食料を蓄えておけるようになると、作物を育て、土地を所有するようにもなり、村みたいなものができて、統治者が必要になり、有力者が分け前をたくさんとるようなことになって、不平等な分配が行われるようになった。それで不公平感をもつようにもなりました。
現代でも、アフリカのハッザの人々は狩猟民族そのままの生活をしているんですが、彼らは、うつ状態の人がゼロなんです。しかも自己肯定感がものすごく高い。赤ちゃんを一日中抱っこして座っているお婆さんも、「自分は群れの仲間にとって大事な存在だ」と自覚しています。取ってきた食料を全員で平等に食べて、それぞれができることをやっている社会では、不公平感のストレスもなく、抑うつ状態の値もきわめて低いということがわかっています。

井上 翻って、日本では少子高齢化、格差社会が急速に進んでいますよね。

晴香 日本は、このままいくと人口が1億人を割り、そのときには生産年齢人口は50%ほどにまで激減すると考えられています。二人に一人しか働かないと想像すると心配になりますが、日本は、先人ががんばってこんなに衛生的で豊かな社会を作ってくれた国です。やりようによっては、譲り合い、分かち合い、今の生活をハッピーに続けていくこともできるはずですが、今は「自分だけは損したくない」といった意識の強い人も増えていますよね。世代間格差、学歴や経歴、所属組織による階級意識、就労スタイルによる差別、賃金格差、生活保護費の不正受給者によるフリーライダー現象など、「なんかずるい」とか「不公平だ」と感じる機会も増えているのかもしれません。
不公平感によるストレスは、人と人との結びつきを阻害します。そして「自分だけは良い思いをしたい」という人を増やしかねません。これを「自己充足型個人主義者」といいます。もちろん、昔に比べてさまざまな価値観の人が生きやすくなったという意味では良い面もあるとは思いますが、自己充足型の個人主義者は、恋愛や夫婦関係による幸福感や、家族や友人との生活による満足感が低いことがわかっています。中でも、一番問題なのは、他人を助けようとする意欲がかなり低いことです。生産年齢人口が二人に一人になっていく少子高齢社会で、このことは将来大変な問題になってくると私は思っています。

晴香葉子
(はるかようこ)
作家・心理学者・心理コンサルタント

東京都出身。文学修士(コミュニケーション学)。学芸員資格取得。博士後期課程在籍中。早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師。企業での就労経験を経て心理学の道へ。研究を続けながら一人一人の幸せにつながり、広がる、心理学について、様々な角度から情報を提供。執筆、講演、監修などの活動を続けている。所属学会:日本心理学会、日本社会心理学会、日本産業ストレス学会他。日本心理学諸学会連合心理学検定1級(偏差値73獲得)。メディアでの心理解説実績、著書多数。海外でも4冊出版。テレビ朝日『ニュースEX・auヘッドライン』にて悩み相談記事連載中。新刊『人生には、こうして奇跡が起きる』(青春出版社)10月14日発売。
井上和幸
(いのうえ・かずゆき)
株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO
早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。

他の記事を読む

VOL.4
「情報化による心の混乱」――ブレない心を持てるよう、経営者は哲学を語れ。(4/5)
晴香 今、傷つきやすい人たちが増えていますよね。例えば、自分の名前を検索してみたり、自分のSNSへの投稿に対してのコメントが気になって、見れば傷つくのに気になってつい見てしまう――という状況があると思...
more
VOL.3
「インフォーマルコミュニケーション」――職場の人間関係を作り、生産性も上げる“魔法”が存在する。(3/5)
井上 進化心理学という考え方は興味深いですね。前回までの孤立不安の話も、生物学的に人間はそんなふうに不安に思うものだと受け止めるということですよね。 晴香 みなさん、スマホやモバイルPCを操って...
more
VOL.2
「孤立不安」――いつも元気で素敵な人も、実は寂しいのかもしれない。(2/5)
井上 「経営者が幸せそうに働いていたら、幸せが従業員に感染していく」という話は、大いにうなづけるものでした。この部分に気づいていない人は多いかもしれませんね。 晴香 実は、笑顔の研究では「地位が...
more

ARCHIVE

ALL (5)

2018年 (1)

2017年 (4)

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)