FEATURES

特集記事・コラム

VOL.3 「インフォーマルコミュニケーション」――職場の人間関係を作り、生産性も上げる“魔法”が存在する。(3/5)

1 / 2 ページ

井上 進化心理学という考え方は興味深いですね。前回までの孤立不安の話も、生物学的に人間はそんなふうに不安に思うものだと受け止めるということですよね。

晴香 みなさん、スマホやモバイルPCを操って、時にはスタイリッシュなカフェでも仕事をしていますよね。とてもオシャレだし、素敵なビジネスマンに見えますが、実はその中には、孤独を感じている人も、いるかもしれないですよね。私なども元気そうに見えるかもしれませんが、実は今日寂しいかもしれない。
孤立不安というのは、いわば「進化の置き土産」なんですね。だからもし、寂しさを感じることがあっても、ちょっとこの記事を思い出していただいて、「今は狩猟採集時代ではないし、一人でいても命の危険はない」「寂しさを感じることはあるものだし、みんなもそうだ」と考えて、一安心されるといいと思います。
そして、経営者の方には、人間にはそういうDNAがあり、従業員の中には、表面的には元気そうでも、実は今日寂しい思いをしている人がいるかもしれないということを知っておいてほしいと思います。

井上 こういった孤独感や孤立感といったことも、進化心理学という枠組みで考えると、また違う気づきになりますね。

晴香 そうですね。ただし、孤立不安にはすごく良い面、幸せの力もあるということを添えておきたいと思います。孤立不安は、私たちが人を頼り、お互いに助け合うことを促進するんですね。人間とチンパンジーは700万年前くらいに共通祖先から分かれたんですが、両者の大きな違いとして、チンパンジーは一人の赤ちゃんを育てるのにだいたい5年くらいかけます。最初の子が独り立ちしたら次の子にいく。基本的に自分だけで育てて、誰かに赤ちゃんを任せることは、ごく一部の例外を除いて行いません。
一方、人間は年子で子供をどんどん産んだりします。多くの国には昔から、代理母や乳母といった、子育てを手伝てくれる存在がいます。代理乳が普及する前は、日本でも、母乳まで代わりに与えるという風習がありました。そのために次の子までに5年もかけないで産むことができるようになり、急激な多産を実現し、世界中に仲間を増やすことができたわけです。人間が食物連鎖のトップ、地球上で一番のポジションになれた理由には、実はこうした特徴があったと考えられています。

写真 2017-10-18 20 41 23
井上 孤立不安があったからこそ絆を強くし、それが繁栄の要因になった、と。

晴香 子育てについて言えば、女性は出産後、エストロゲンというホルモンが急激に低下し、急に孤立不安が「うわーっ」と襲ってくることがわかっています。だから、一人でアパートの一室で子育てをしていて、あまり人と接触しないようなお母さんが孤独や不安を強く感じることがあっても、当たり前なんですね。不安になるのは、「人をぜひ頼りなさい」「人を頼っていいんですよ」というサインなんです。

井上 孤立不安を感じていても、「助けてほしい」というサインを素直に出せない人もいますよね。

晴香 そうですね。「寂しいですか?」と尋ねると、多くの人は、「寂しくないです、大丈夫です」と答えますが、実は寂しかったりもします。寂しいということがどこか恥ずかしいことだと考えている人もいます。でも、寂しさというのは、こうやって考えていくと、生理現象としてはかなり優れている機能なんです。だから、寂しさというものを否定的に考えず、ポジティブに捉えてほしいと思います。孤立不安を感じたら、「あっ、そうか! 私は今誰かとコミュニケーションをしたほうがいいときなんだな」と考えて、人を頼ってみることも大事です。同じように、相手が寂しそうだったら自分が手を差し伸べる。自分が寂しかったら遠慮なく手を差し伸べてもらう。寂しさを、つながり合うためのパワーに変えていってほしいと思います。

晴香葉子
(はるかようこ)
作家・心理学者・心理コンサルタント

東京都出身。文学修士(コミュニケーション学)。学芸員資格取得。博士後期課程在籍中。早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師。企業での就労経験を経て心理学の道へ。研究を続けながら一人一人の幸せにつながり、広がる、心理学について、様々な角度から情報を提供。執筆、講演、監修などの活動を続けている。所属学会:日本心理学会、日本社会心理学会、日本産業ストレス学会他。日本心理学諸学会連合心理学検定1級(偏差値73獲得)。メディアでの心理解説実績、著書多数。海外でも4冊出版。テレビ朝日『ニュースEX・auヘッドライン』にて悩み相談記事連載中。新刊『人生には、こうして奇跡が起きる』(青春出版社)10月14日発売。
井上和幸
(いのうえ・かずゆき)
株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO
早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。

他の記事を読む

VOL.5
「社会貢献」――優しさと余裕も身に付けて、自らが従業員の手本になる。(5/5)
井上 さて、この対談も締めくくりに近づいていますが、まとめとして晴香さんから経営者やリーダーの方々に対して、ぜひ伝えたいということを伺えればと思います。 晴香 社会貢献の大切さです。実は、私が経...
more
VOL.4
「情報化による心の混乱」――ブレない心を持てるよう、経営者は哲学を語れ。(4/5)
晴香 今、傷つきやすい人たちが増えていますよね。例えば、自分の名前を検索してみたり、自分のSNSへの投稿に対してのコメントが気になって、見れば傷つくのに気になってつい見てしまう――という状況があると思...
more
VOL.2
「孤立不安」――いつも元気で素敵な人も、実は寂しいのかもしれない。(2/5)
井上 「経営者が幸せそうに働いていたら、幸せが従業員に感染していく」という話は、大いにうなづけるものでした。この部分に気づいていない人は多いかもしれませんね。 晴香 実は、笑顔の研究では「地位が...
more

ARCHIVE

ALL (5)

2018年 (1)

2017年 (4)

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)