FEATURES

特集記事・コラム

VOL.1 「情動感染」――経営者が自然体で幸せそうだと、従業員も幸せになっていく。(1/5)

1 / 2 ページ

晴香 井上さんは今、幸せですよね?(笑)

井上 ええ、幸せですよ(笑)。

晴香 井上さんは間違いなく幸せだと思いますが、こうした質問に「自分は幸せだ」と即答する人は、日本では少ないかもしれません。私は、社会的なデータにおいて、日本が豊かでも幸福感が低いことに注目しています。例えば、国連の世界幸福度報告(World Happiness Report:2017)によると、150以上の国の中で日本は51位、先進国では最下位なんです。その一方で、世界的なさまざまな調査では、日本は衛生面、経済面、教育面などでものすごく高水準、トップレベルの国なんです。

写真 2017-10-18 20 41 38
井上 それなのに「幸せです」とは言い切れない要因には、何があるのでしょうね。

晴香 日本では、途上国に比べれば、ほとんどの人が食べる物に困っていないし、多少持病があったとしても、医療のサポートを受けながら、ある程度健康な状態で、長生きできる人も多い。一人や二人友だちもいたり、楽しいと思える趣味などを持っている人も多く、夜もみなさん暖かく清潔な布団で眠っているわけです。でもどこか「幸せだ」とは言いきれない……。そこには何があるのだろうかと調べていくと、“身近な人間関係の問題”というのが見えてきました。経営者であっても、成功者と言われる人であっても、お金持ちであっても、身近な誰かと上手くいっていないことが、心を曇らせる原因になることがあります。
また、その内容を調べていくと、「孤立不安」、「嫌な記憶」、「天敵のような存在」、「すれ違い」、「悪口・評判」、「不公平感」などがありました。そしてその根本的な原因のひとつに、都会的で現代的な暮らしがあります。そこで、今回、本を書くことにしたんですが……。

井上 『人生には、こうして奇跡が起きる――誰もがもっている2つの力の使い方』(青春出版社)ですね。僕もさっそく、大変興味深く拝読しました。

晴香 ありがとうございます。その中でも紹介していますが、「進化心理学」からのアプローチが有効だと考えています。人間は、猛獣に襲われたら簡単にやられてしまう、屈強とは言えない体をしていますが、それでも地球上で食物連鎖のトップに立ちました。それは、ひとつには、人間が仲間と力を合わせ、敵となる存在を淘汰してきたからでもあります。でも、生き方の多様化した現代社会では、職場や住環境などが流動化し、敵と味方、つながるべき存在と排除すべき存在がとてもわかりにくくなってきています。中学生や高校生であっても、SNSを介したコミュニケーションなどで「このやり方大丈夫かな?」とすごく気をつかって、仲間から弾かれないようにしている人もいます。表面的には問題なく見えるような人間関係であってもどこか油断できません。そのようなところも「幸せだ」とは言えない大きな背景になっていると思います。

井上 進化心理学的に言うと、人間は動物であって、進化しながら今の僕らにつながってきていて、そこに僕らの感情とか行動が適用している。ところが、現代社会になると、そういうフォーマットではないところに僕らはいるため、「生物としての人間」と「社会的に生きている僕ら」が上手くフィットしていないところがあって、今みたいな話になる――ということでしょうか。

晴香 そうですね。御社の場合は、従業員の方と井上さんもすごく仲が良くて、絆ができていると思うんです。でも、全ての企業がそのようにうまくいっているというわけではないですよね。「社長からいつ切られるかわからない」とか、「従業員がいつ裏切ってこのノウハウをもって他の会社に行ってしまうかわからない」といったような緊張感の中で働いている人も多い。そうやって暮らしていると、美味しい物に囲まれて、いつでも欲しい物が手に入る環境にいても、シンプルに「ああ、幸せだな」とは、いかないものかもしれませんね。

晴香葉子
(はるかようこ)
作家・心理学者・心理コンサルタント

東京都出身。文学修士(コミュニケーション学)。学芸員資格取得。博士後期課程在籍中。早稲田大学オープンカレッジ心理学講座講師。企業での就労経験を経て心理学の道へ。研究を続けながら一人一人の幸せにつながり、広がる、心理学について、様々な角度から情報を提供。執筆、講演、監修などの活動を続けている。所属学会:日本心理学会、日本社会心理学会、日本産業ストレス学会他。日本心理学諸学会連合心理学検定1級(偏差値73獲得)。メディアでの心理解説実績、著書多数。海外でも4冊出版。テレビ朝日『ニュースEX・auヘッドライン』にて悩み相談記事連載中。新刊『人生には、こうして奇跡が起きる』(青春出版社)10月14日発売。
井上和幸
(いのうえ・かずゆき)
株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO
早稲田大学卒業後、リクルート入社。コンサルティング会社取締役、リクルートエグゼクティブエージェントマネージングディレクター等を歴任。2010年経営者JPを設立し、現職。

他の記事を読む

VOL.3
「インフォーマルコミュニケーション」――職場の人間関係を作り、生産性も上げる“魔法”が存在する。(3/5)
井上 進化心理学という考え方は興味深いですね。前回までの孤立不安の話も、生物学的に人間はそん
more
VOL.2
「孤立不安」――いつも元気で素敵な人も、実は寂しいのかもしれない。(2/5)
井上 「経営者が幸せそうに働いていたら、幸せが従業員に感染していく」という話は、大いにうなづ
more

ARCHIVE

ALL (3)

2017年 (3)

新着記事を
いち早くお届けします!

株式会社 経営者JP
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-16-2
VORT恵比寿Ⅱ (旧称:K&S恵比寿ビルⅡ )

お問い合わせ ・ ご相談

- 「リーダーシップ3.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5435135号)
- 「リーダーシップ4.0®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934148号)
- 「経営者ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918454号)
- 「エグゼクティブ ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934143号)
- 「マネジャー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934145号)
- 「リーダー ブートキャンプ®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934149号)
- 「経営者ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5918455号)
- 「エグゼクティブ ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934144号)
- 「マネジャー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934146号)
- 「リーダー ワークアウト®」は、株式会社 経営者JPの登録商標です
(登録番号:第5934147号)